お得情報 ポイントアップ 楽天トラベル

【キャッシュレス・ポイント還元事業】でお得に旅に出かけよう!

更新日:

2019年10月から政府の「キャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)」がスタートしています。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の一定期間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元等を支援する事業です。

引用元:一般社団法人キャッシュレス推進協議会

簡単にお伝えすると、この事業は消費税が10%に上がる事で想定される消費の落ち込みを抑止する為に、国が一定期間ポイントバックを行ないます、と言う取り組みです。具体的には、対象店舗で買物をした際の支払いを、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコード決済など、キャッシュレスで行なった場合に、最大5%のポイントが還元されると言う仕組みです。

【キャッシュレス・ポイント還元事業】消費者専用ページはこちら

筆者が経営する旅館もポイントバック対象店舗に登録を行い加盟事業者として認定されました。そこで、適切な運営を行う為に、この制度について改めて良く調べて見たところ「これは想像以上にお得に旅行が出来る!」と分かり、早速個人的な旅行計画を立てはじめたほどです。今回は、 キャッシュレス・ポイント還元事業を利用してお得に旅行をする為のおすすめの方法と、確実にポイント還元を受ける為の注意点をお伝えします。

観光事業者の大多数がポイント還元率5%

この事業のキャッシュバック率は、対象店舗によって購入額の「2%」か「5%」となっています。この還元率の違いは、おおまかに言うと事業規模の違いになります。国の支援策ですので当然ですが、大企業での購入が2%、中小企業や個人事業からの購入が5%となっています。

日本国内のホテル旅館、旅行社、お土産店など観光関係事業者の大多数は中小企業です。つまり、この事業では「中小・小規模事業者」に分類される為、旅行で支払う料金の多くはポイント還元率5%となります。しかも、日用品などと違い一回旅行に行くとなると比較的大きな支払いをされると思いますが、そこに対しての5%ですので、獲得ポイントは必然的に大きくなります。しかも「税込価格の5%」と言うのも嬉しいポイントです。

経済産業省の公表では、ポイント還元が行なえる対象店舗数は約58万件となっています。また、皆さんがお使いのさまざまな決済サービスのほとんどでポイントバックが受けられるはずです。※下にキャッシュレス・ポイント還元事業公式ページのリンクを貼っておきますので事前のチェックをおすすめします。

  • ポイントバック登録加盟店はこちら
  • ポイントバック可能決済サービスはこちら

主要決済サービスのポイント還元内容

キャッシュレス・ポイント還元事業では、さまざまな決済サービスが対象となっていますが、事業者によって対応が異なっていますので、主要なサービスの対応情況をまとめてみました。(件数が多い為、まずはご自身の使っている決済サービスだけご確認ください。)

クレジットカード

還元方法
必要な事前準備
上限設定
イオンカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
オリコカード
オリコポイント
提携先独自ポイント
WEBサイトに登録
オリコポイントゲートウェイ会員登録
15,000ポイント/月
セゾンカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
JCBカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
ジャックスカード
引落相殺:Jデポ
Web会員登録
インターコムクラブ
15,000ポイント/月
TS CUBIC CARD
引落相殺
なし
150,000ポイント/9か月
MUFGカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
DCカード
DCハッピープレゼントのポイント
本制度専用ポイント
なし
15,000ポイント/月
NICOSカード
わいわいプレゼントのポイント
本制度専用ポイント
なし
15,000ポイント/月
三井住友VISA/マスターカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
UCカード
引落相殺
なし
15,000ポイント/月
楽天カード
楽天スーパーポイント
通常ポイント
なし
15,000ポイント/月
アメリカン・エクスプレス・カード
引落相殺
なし
135,000ポイント/9か月

電子マネー/プリペイドカード(交通系)

還元方法
必要な事前準備
上限設定
PASMO
PASMOキャッシュレス還元ポイント (1月、4月、7月) ※指定された場所へ行き、PASMO にチャージする必要有
WEBサイトに登録
PASMOキャッシュレスポイント還元サー ビスに登録
20,000ポイント/3か月
Suica
JRE POINT
WEBサイトに登録
JRE POINT WEBサイト登録
20,000円/チャージ
manaca
ミュースターポイント
WEBサイトに登録
ミュースター会員登録
20,000円/チャージ
ICOCA
ICOCAポイント
自動券売機かWEBサイトに登録
ICOCAポイント利用登録
15,000ポイント/月
ICOCA
ICOCAポイント
自動券売機かWEBサイトに登録
ICOCAポイント利用登録
15,000ポイント/月

電子マネー/プリペイドカード(交通系以外)

還元方法
必要な事前準備
上限設定
nanaco
nanacoポイント
なし
50,000円/チャージ
WAON
WAON(電子マネー)
なし
15,000円/月
楽天Edy
Edy
なし
2,500ポイント/決済

QRコード

還元方法
必要な事前準備
上限設定
LINE Pay
LINE Payボーナス
なし
30,000ポイント/月
PayPay
PayPayボーナス
なし
25,000円/月
Origami Pay
即時充当
なし
2,000ポイント/決済
楽天ペイメント
楽天スーパーポイント
通常ポイント
なし
25,000ポイント/決済
メルペイ
ポイント付与
なし
30,000ポイント/月
au PAY
au WALLET ポイント
なし
30,000ポイント/月
J-Coin Pay
ポイント付与
なし
15,000ポイント/月

旅行利用なら楽天カード&楽天トラベルの組合せがおすすめ

同じポイント還元率5%でも、決済事業者によって対応がさまざまだと言うことがお分かりになられたかと思います。その中で気になったのは、多くのクレジットカード決済の還元方法が「引落相殺」となっているという点です。これは気分的な問題なのかも知れませんが「引落相殺」は「引かれる」と言う印象が強く、ポイントが「貯まる」と言う感覚も喜びもありません。同時に貯めたポイントを「使う喜び」もありません。また、自動相殺ですのでご自身が使いたいタイミングでポイントを使う事が出来ないと言う点は、大きなデメリットと言えるでしょう。

そこで筆者がおすすめするのは「楽天カード」です。楽天カードマンでお馴染みのカードで現在日本で一番使われているクレジットカードですので、お使いの方も多いかと思います。楽天カードをおすすめする一番の理由は、キャッシュレス・ポイント還元事業で還元される5%のポイントが「楽天スーパーポイント」で付与される点です。貯まる喜びも使う喜びもあり、有効期限は実質無期限(有効期限は最後にポイントを獲得した月を含めた1年間です。 期間内に1度でもポイントを獲得すれば、有効期限は延長されます。)ですし、何よりその汎用性の高さは他の追随を許しません。

また同グループ内に宿泊予約最大手の「楽天トラベル」もあり、楽天グループ独自のポイントプログラム(SPU)で、楽天カードと合わせて利用する事でさらにポイントも貯まりやすくなり、楽天カードは旅行との相性も抜群です。まだ楽天カードをお持ちでない方は、年会費も無料ですので、この機会に楽天カードを作られるのも良いでしょう。

予約は必ず「現地決済」を選択

楽天カードの準備が整ったら、次は旅行の醍醐味「お宿選び」です。キャッシュレス・ポイント還元事業においては、ご説明させていただいてきたように予約は「楽天トラベル」がおすすめです。その際に、極めて重要なポイントが一点ありますので予約時に確実にチェックをお願いします。それは、

予約時の「事前カード決済」では、5%のポイントバックにならない。

と言うことです。これは楽天カード以外のカードを使った場合でもすべて同様です。宿泊料金は宿泊をされるホテル旅館で支払わなければ キャッシュレス・ポイント還元事業の対象にならないのです。ですから、

予約の際、決済方法は必ず「現地決済」を選択してください。

そして、精算時に楽天カードなど、各種キャッシュレス決済をしていただければ、晴れてポイント5%を獲得する事が可能になります。うっかり事前カード決済を選択してしまわないよう細心の注意を払ってください。楽天トラベルを使い慣れている方ほど、いつも流れで事前決済を選んでしまう可能性が高いかと思いますのでご注意ください。

また、旅の道中や現地でのちょっとした買い物で「交通系電子マネー」を使うシーンも多いかと思いますが、先の表にもある通り、すべての電子マネーがポイント還元の為に「事前登録」が必要となっていますので、旅行に出られる前に必ずポイントバックの登録申請をしておきましょう。

まとめ

  • キャッシュレス決済は「楽天カード」がおすすめ
  • 宿泊予約は、さらなるポイントアップが期待出来る「楽天トラベル」がおすすめ
  • ネット予約時は必ず「現地決済」を選択
  • 交通系電子マネーは、ポイント還元の為に「事前登録」が必要

キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月~2020年6月までの9か月間が対象です。その期間内には、年末年始や春休み、ゴールデンウィークもあります。その期間内に記念日などで旅行を計画されている方も少なくないはずです。是非この機会に、ポイントを沢山貯めて、さらに楽しい旅行に出かけましょう。


楽天トラベルの「得旅キャンペーン」など各種セールやキャンペーンと合わせて利用すると、さらに大量のポイントが獲得出来ますのでおすすめです。

楽天トラベル【得旅キャンペーン】は問答無用でエントリーするべし。

-お得情報, ポイントアップ, 楽天トラベル
-,

Copyright© お得で賢いホテル旅館の選び方 と お客様に選ばれるお宿の作り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.