じゃらんnet

【じゃらんnet】キャンセル料はいつから発生するの?キャンセル方法とキャンセル料の仕組み

更新日:

「じゃらんnet」で宿泊予約した際のキャンセル方法と、キャンセル料がいつから発生するのかをお伝えします。筆者の旅館にも「予約時に『クレジットカード支払い』をした場合はどうなるのか?」「ネットからキャンセルが出来ない。」などキャンセルについてのお問い合わせを数多くいただきますので、じゃらんnetでの宿泊予約をした場合のキャンセルについて整理して、どこよりも詳しくまとめました。

参考:【じゃらんnet】公式-予約の照会・変更・キャンセル

じゃらんnetの宿泊予約のキャンセル方法

なぜキャンセルが出来ないのか?

じゃらんnetで予約をされた方で「ネットからキャンセルが出来ない。」と言うお問合せを多くいただきますが、その理由は1つです。それは「じゃらんnet上での操作可能期限(締切日)が過ぎているから」です。この操作可能期限は、じゃらんnet上で統一されたものではなく、各宿泊施設がプラン毎に設定しているもので、この期限を過ぎてしまうと、予約内容の変更やキャンセルの操作を行う事が出来なくなってしまいます。具体的には、PCで操作した場合は「キャンセルボタン」がクリック出来なくなり、スマホで操作している場合は「キャンセルボタン」が表示されなくなります。

しかし、これは「操作する事」が締め切られたという事で、予約のキャンセルが出来ない訳ではありません。もし、じゃらんnet上でキャンセル操作が出来なかった場合は、焦らず、予約したホテル旅館に直接電話をしてキャンセルする旨を伝えればキャンセルする事が出来ます。(じゃらんnetのサポートデスクに電話をしてもキャンセルは受け付けてもらえません。)

キャンセル方法(操作方法)

じゃらんnetの「予約の照会・変更・キャンセル 」ページへ進みログインします。そして、会員か非会員かを選択すると現在自身が予約している予約内容が表示されますので、キャンセルしたい予約を選択し「キャンセルボタン」をタップすればキャンセル完了です。上記はスマホ画面ですが、PCでも操作方法は同じです。また、キャンセル完了後、登録したメールアドレス宛てに予約取消確認メールが必ず送信されますので、チェックを忘れないようにしましょう。まれに、キャンセル完了したつもりでいて実際はキャンセルされておらず、キャンセル料が発生したというケースもありますので、キャンセル後は必ず取消確認メールを受信しているかもチェックする事をおすすめします。

キャンセルはいつから発生するのか

じゃらんnetで予約した場合のキャンセル料は、じゃらんnetが一律で定めているものではなく、宿泊施設が独自に設定しています。つまり、キャンセル料金の発生日はケースバイケースで異なっているのです。ですので、前はこうだったから大丈夫と思い込んでしまいキャンセル料が請求されてしまったというケースも少なくありませんので、予約毎にしっかり確認する必要があります。

キャンセルポリシーの確認方法

キャンセル料の発生のタイミングとキャンセル料率は、下の画像のように予約画面で必ず表示されますので確認しておきましょう。また、予約後に「予約の照会・変更・キャンセル 」から予約毎にキャンセル料を確認する事も可能です。

上記の例では、キャンセル料は宿泊日の3日前から発生すると言うことになります。

キャンセル料を確認する際の注意点

キャンセル料は宿泊施設毎に設定されている事が分かったかと思いますが、予約操作に慣れてしまうといつもの流れでついつい確認を怠ってしまいがちです。基本的には「3日前から」と設定さえている場合が大多数ですので通常の予約は心配いりませんが、絶対に注意していただきたい予約があります。それは『ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの旅行需要が高まる日』と、『高額な割引や沢山の特典がついているお得なプラン』です。

こういったケースの共通点は、まだ予定が決まっていないのに仮予約をしている人が増えるという事です。つまり、ホテル旅館は間際でキャンセルをされる事を防ぐ為にキャンセルポリシーを厳しくしている場合があるのです。場合によっては、予約をした段階からキャンセル料が発生するようなケースも存在しますので、先にお伝えしたような宿泊予約の場合は、より慎重にキャンセルポリシーを確認される事をおすすめします。

航空券付宿泊パックのキャンセルポリシー

航空券と宿泊予約がセットになったダイナミックパッケージ「JALじゃらんパック/ANAじゃらんパック」については、先にご案内した形態ではなく一律のキャンセルポリシーが定められていますので、下記を参照ください。一律ですが、念のため予約時にも確認しておく方が良いでしょう。

パッケージ予約のキャンセルは、出発20分前まで「予約の照会・変更・キャンセル 」から行えますし、予約後のメールに記載されている「じゃらんパックオペレーションセンター」へ電話をして行うことも可能です。

予約時にクレジットカード支払いをした場合のキャンセル料はどうなるのか

予約時に事前にクレジットカードで支払った宿泊料金はキャンセルポリシーにそって返金されますので安心してください。つまり、キャンセル料が発生する前のキャンセルであれば全額返金されます。キャンセル料が発生するタイミングであれば、キャンセル料が引かれた金額が返金される仕組みになっています。

オンラインカード決済返金早見表

予約時にクレジットカードで支払うオンラインカード決済では、お使いになったカード会社の締め日や予約のタイミングによって宿泊される前に口座から引落がある場合もあります。そういったケースも含めて、じゃらんnetで事前クレジットカード精算をした場合のキャンセル料の流れをまとめました。

キャンセル料発生前のタイミングでのキャンセル
キャンセル料発生のタイミングでのキャンセル
口座引き落とし前
口座引き落としは無し
キャンセルポリシーに従ったキャンセル料のみが引き落とし
口座引き落とし済み
全額返金
キャンセルポリシーに従ったキャンセル料を差し引いた金額が返金

返金は直接じゃらんnetからではなく「予約時に使用したクレジットカード会社」を通じて行なわれますので、各クレジットカード会社の締日によりタイミングが異なってきます。一般的に返金までには1~2ヶ月程かかりますが必ず返金されますので安心していても大丈夫です。もし返金のタイミングが気になる場合は、ご自身が使用されているカード会社へ問い合わせて確認してください。

キャンセル料は必ず支払わなければいけないの?

キャンセル料の支払いは宿泊者の義務ですので、法的には必ず支払わなければいけません。しかし、病気や怪我、地震に台風、近しい方に不幸があったり、不可抗力によりやむを得ずキャンセルをしなければいけない場合があるのも現実です。その為、キャンセルポリシーは契約で定められたものですが、実はホテル旅館の考え方次第で柔軟な対応をしてくれるところも少なくありません。実際に筆者の経営する旅館では不可抗力でのキャンセルの場合はキャンセル料はいただいていません。ですので、やむを得ずキャンセルをしなくてはいけない場合は、宿泊施設に直接電話をしてキャンセルに至った経緯をお伝えする事をおすすめします。絶対ではありませんが、寛容な対応をとってくれるお宿さんも多いはずです。

ネットでキャンセル処理をしてしまうと、宿泊施設側は理由が一切分かりませんので間違いなく機械的な対応となり、キャンセルポリシーに沿ったキャンセル料が発生してしまうでしょう。

参考記事:ホテル旅館のキャンセル料の仕組み。台風や大雪の場合はどうなるのか?

まとめ

  • じゃらんnetのキャンセル処理は操作可能期限があり、期限が過ぎるとネットからキャンセル出来なくなる。
  • 操作可能期限が過ぎた場合は、宿泊施設に直接電話をしてキャンセルすること
  • 事前のオンラインカード決済の場合、キャンセルポリシーに従って返金・引き落としが行なわれる
  • キャンセル料が発生する場合は、お宿に直接電話をして状況や理由を伝えると良いことがあるかも

じゃらんnet予約のキャンセル方法は、一度分かってしまうととてもシンプルな仕組みですし、予約時に確認するべきポイントも限られていますので、そこさえしっかり確認しておけばキャンセル料金を過度に恐れる必要はありません。

また、キャンセル料の仕組みが分からずに「もしキャンセルしなくてはならなくなった場合、返金されないのではないか」と不安になって、事前のクレジットカード支払いを控える方も多くいらっしゃると聞きます。しかし、じゃらんnetの場合は「リクルートカード」を使う事でぐっとがポイントが貯まり易い仕組みになっています。キャンセル料の仕組みをこの記事でしっかり理解していただけた方は、事前カード決済でも現地決済でもどちらもリスクは変わらない事が分かったかと思いますので、是非積極的にカード決済を選ばれポイントをより多く貯めてください。

また、ポイントサイト「モッピー」を経由してリクルートカードを登録すると、時期にもよりますが数千ポイントがもらえますし、じゃらんnetの宿泊予約でも更なるポイントUPが可能です。筆者のように、ポイントを沢山貯めたい方にはおすすめのポイントサイトです。

参考記事:ポイントサイト【モッピー】で宿泊予約を劇的にお得にする方法

-じゃらんnet
-,

Copyright© お得で賢いホテル旅館の選び方と使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.