「つれづれコラム」 一覧

つれづれコラム

災害などによる通行止や運転見合わせ。旅行先の状況を適切に確認する為の2つのポイント

2019/10/14   -つれづれコラム
 ,

旅行計画を立てていた地域に、台風や大雪または地震などの自然災害が発生し、旅行を中止しなくてはならない場合があります。旅行は「安全」であると言うことが大前提ですので、ご自身が安全だと判断出来なければ出か ...

つれづれコラム 宿泊予約

ホテル旅館のキャンセル料の仕組み。台風や大雪の場合はどうなるのか?

ホテルや旅館のキャンセル料については、その存在は知っていても良く分からない方も多いかと思います。巨大台風などの異常気象や不慮の事故、または親族に不幸があったなど、不可抗力によるキャンセルでもキャンセル ...

つれづれコラム 宿泊予約

【旅館のマナー】予約時に言ってはいけない3つの言葉

ホテル旅館で満足度の高い宿泊をする為には「目的にあった宿選び」をする事が何よりも大切である事は、このブログでも何度も紹介させていただきました。しかし、せっかく目的に合った宿を選んだにも関わらず、予約の ...

つれづれコラム

【旅館の利用法】入れ墨・タトゥーと温泉入浴の微妙な関係

温泉旅館をはじめとする日本の多くの入浴施設は、入れ墨やタトゥーを入れられている方の入浴を拒否しています。しかし、昨今は外国人旅行者(FIT)の増加やファッション目的に入れ墨を入れられている方も増え、時 ...

つれづれコラム

【旅館のマナー】仲居さんへの心付けが不要な3つの理由

温泉旅館に宿泊する際に「心付け」や「チップ」を渡す必要があるか迷われる方も多いかと思います。渡さないと失礼な人だと思われてしまわないか?常識の無い人だと思われたらどうしよう?そんな風に思われる方もいら ...

つれづれコラム

忘れてはいけない観光商品の特性(その2)

私たちが扱う観光商品には、誘客や販売を行っていく上で絶対忘れてはいけない特性が2つあります。その1つが「想起と消費のタイムラグ」です。今回考察するもう1つの特性は、前記のタイムラグと対になる部分で、国 ...

つれづれコラム

忘れてはいけない観光商品の特性(その1)

商品の販売を検討する際には、顧客や市場、競合などさまざまな要素を総合的に検討しなければなりませんが、何をおいてもまずは「商品そのもの」について良く考え、認識を深めておかなければなりません。その商品がど ...

つれづれコラム

デスティネーション(目的地)の認識を深めて、誘客方法を考える。

デスティネーション(destination)は、英語で目的地、行き先です。 JRグループが自治体や地元の観光事業者等が共同で実施する「デスティネーションキャンペーン」は、日本の観光従事者であれば知らな ...

つれづれコラム

地域活性化に「よそ者、若者、ばか者」はいらない!?

地方創生や地域活性化の成功法則として、良く語られる「よそ者、若者、ばか者」論。地域活性化のパイオニア的な事例においては、かなりの確率でこの法則が成り立っていましたが、昨今地方創生の動きが全国に広がって ...

つれづれコラム

FIT(外国個人旅行者)の増加は、地方創生の大チャンス

激変する旅行形態の変化 インバウンドの主流が団体旅行であった頃は、多言語化したパンフレットやチラシ等を作成し、海外の旅行エージェントへ観光地案内や企画旅行を提案する等の誘客活動が行われてきました。しか ...

Copyright© お得で賢いホテル旅館の選び方 と お客様に選ばれるお宿の作り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.