宿泊予約 見極める

【旅行比較サイト】はストレスの元。比較サイトの正しい付き合い方。

更新日:

トリバゴトラベルコのような「旅行比較サイト」「旅行メタサーチ」の利用者が増加しています。さまざまな旅行サイトに掲載されてる宿泊料金などを一括で比較出来る為、旅行計画に非常に便利なサービスなのですが、実は、最近「分かり難い・逆に不便」という方達が増えて来ています。

今回は、皆さんが比較サイトを「分かり難い・不便」と感じてしまう理由と、比較サイトとの正しい付き合い方を考えてみました。

進化し続ける比較サイト

各種比較サイトは、サービス内容やカバー範囲こそ異なりますが、ホテルや旅館などの宿泊予約サイトや、旅行会社のツアー、航空チケットなど、さまざまな旅行商品の一括比較が可能な素晴らしいサービスです。

サービス内容も進化を繰り返し、インターネット上に存在する旅行商品すべての情報を、日付や目的に合わせて絞り込み、いつでも手にする事が可能になっています。

分かり難さや不便さは、圧倒的な情報量と未パーソナライズ化にあり

ではなぜ、こんなに便利なサービスなのに、多く方達が分かり難さや不便さを感じているのでしょうか。

1つ目の原因は、圧倒的な情報量にあります。個人差はありますが、人は一定の情報しか処理する事が出来ませんので、「沢山の中から選べる、比較出来る」という価値は、情報量が増えて行くどこかの時点でストレスに変わります。この圧倒的な情報量は、比較出来る価値から比較しなければならない苦痛に変わってしまって来ているのです。進化が進んだ現在の比較サイトの情報量を、過剰だと感じる人達は確実に増えています。

2つ目は、未パーソナライズ化にあります。比較サイトは、情報量は極めて多いですが「あなた」や「私」との関係性が無いのです。例えば、あなたが楽天トラベルで使える限定クーポンを持っている事も、じゃらんnetで使えるPontaポイントを日常的に貯めている事も、比較サイトは知らないのです。(各社の囲い込み戦略の激化により、自分自身がどんなクーポンやポイントなどの付加価値や行使権利を所有しているのかさえ、分かっていない方も少なくないほどです。)

その圧倒的な情報量に自らの所有する数々の特典や特権をプラスして、何が一番お得なのか有益なのかを判断するのは、かなり至難の業であり、それを考えなければならない事が苦痛なのです。

大げさな言い方をすれば、自分自身の情報処理能力を超えた情報は、苦痛であり「害」なのです。正に「知らぬが仏」なのかも知れません。

まとめ

  • 旅行比較サイトの情報は、多くの方にとって過剰になりつつある。
  • 比較サイトの現時点では、個人が所有する各種特典などを考慮した比較は出来ていない。(2019年現在)

この情報量の増加傾向は今後さらに強くなっていく事が想定されますし、パーソナライズ化のハードルはかなり高いです。旅行比較サイトはどのように進化(退化?)していくのでしょうか。

筆者は、多くの情報に浸かり処理に溺れ苦しむより、自身で管理と処理が出来る範囲の中で楽しく旅行計画を立てる方が、より豊かな旅行体験を可能にすると考え、その方法をオススメしています。

-宿泊予約, 見極める
-

Copyright© お得で賢いホテル旅館の選び方 と お客様に選ばれるお宿の作り方 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.